わたしが口唇ヘルペスが出るようになったのは、大学生の頃だったと思います。

なんとなく唇がムズムズするな、と思ったら、翌日には唇に細かい水疱がびっしり!

初めて発症した時は、まずその見た目にびっくりしました。

慌てて皮膚科に駆け込んだら、医師の前に座った瞬間『ヘルペスですね』の一言。

拍子抜けするくらい、カンタンな診察…

説明を受けて、ほとんど誰でも持っている?くらいよくあるウイルス感染ですとのことで、ものすごくメジャーな病気だとこの時初めて知りました。

飲み薬と塗り薬を処方され、ハイおしまい。

本当にたいした病気ではないんですね。

薬を貰っても、完全に治まるには10日近くかかりました。

痛痒いような唇の不快感は5日〜7日くらい、あとは少しずつかさぶたになって消えていく感じです。

ヘルペスは免疫力が落ちている時に発症しやすいとよく聞きますが、確かにその通りでした。

生理前や寝不足の時にでるのは明らかでした。

『またかー』と段々慣れておざなりな対応をしがちで、すぐに皮膚科に行かなかったりしてたんですが、これはNGなんですね。

抗ウイルス剤の飲み薬は、発症すぐ、なんなら前兆のムズムズの時点で飲まないと効果がないそうです。

発症してなかなか病院に行けなかったり、前回の残りの塗り薬で凌ごうとした時はやはりなかなか治らず不快感が長引きました。

ムズムズ痛痒いし、熱いもの辛いものなど食べ物がしみていやだし、何より女性なら、見た目が気になると思います。

腫れ上がって細かいぶつぶつがびっしり。

気持ち悪がられないかなと思ってしまいますし、お化粧もできません。

移るんじゃないの、みたいな反応をされるのも気になりますね。

まあ、事実ヘルペスは移るんですが。

ヘルペスとの付き合いもそろそろ20年。

疲れすぎないように気をつけたり、前兆が出たらすぐ受診したり。

今では上手に付き合えています。

トリキュラー21の最安値の通販サイトの紹介